« 2010年1月 | トップページ

2010年2月

2010年2月22日 (月)

        お 詫 び

   管理人の都合で一時休止します

   メインの楽天ブログはこれまで通りです

   かってながら、メインのブログに統一さ
   
   せていただきます。

   長らく有難うございました。

        Pict0001

              GAMANMA

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

千代田錦交配種

Alor variegata(千代田錦)×A, descoingsii(デスコインクシー)

007
下の千代田錦のコンパクトでダルマのタイプみたいです。
3号鉢でこの大きさ、もう少し大きくなるようです。
どんな花が咲くのか楽しみです。

010
千代田錦・・・地下ランナーで仔が出る。
花の綺麗な品種、夏の過湿に注意、冬型アロエでは ?。

008
デスコインクシー
アロエの小型種。サンゴのような花を咲かせる。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

帝王錦

Aloe humilis (アロエ フミリス)帝王錦
花茎が出てきた帝王錦と近似種を・・・。

002
帝王錦・・・個体差が色々あってこの株は小型の短葉タイプです。

001
帝王錦 エイリアン??
葉巾広く肉刺の荒いタイプ。頂き物でこんな名だったと記憶が・・・。

015
ロンギスチラ ネリー
フミリスとは別種のエリナケアのメラナカンタ系のようです。
昨年春に3頭に仔吹きした株の挿し木苗(1株は昇天した)。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

ハオルチア リミフォリア ストリアータ

Haworthia limifolia ‘Striata’リミフォリア ストリアータ
昨日の瑠璃殿錦の続きです。

001
瑠璃殿の白線美紋種
大型になるギガンチアが欲しいんですがね。

002
ストリアータ
この株、秋に根ぐされを起こし未発根でイジケテいます。

003
小型のリミフォリア
短葉のダルマ型、葉の色が特異です。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

瑠璃殿錦

Haworthia limifolia variegated 瑠璃殿錦

008
極上斑の瑠璃殿錦
濃い緑肌に黄色の縞斑は映えますね。

001
ハデ斑の瑠璃殿錦
葉緑素が少ないのに元気に育っています。

009
瑠璃殿の仔吹き
地下ランナーから仔吹くのは竜鱗類と同じです。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

薄化粧

Sedum palmeri 薄化粧
メキシコ産の丈夫な品種、屋外の棚上で越冬可能です。

005
茎が立ち上がり枝先にロゼットを形成する。
夏秋の強光線で外葉が紅葉した葉色が良い感じになる。

006
上の株の開花の様子。セダム属では綺麗な品種では。

010
枝先のロゼットを挿し穂した
やはり薄化粧は茎が伸びた姿が似合いますね。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

みどり亀と緑のサンゴ

オブツーサと万象の交配種にみどりがありますが
大阪の業者からマンテリー(万象交配種)として購入
した品種が、どうも同一品種のようです。

012
ハオルチアマンテリー

001
みどり亀
上のマンテリーとはやはり同一品種らしい。窓模様があるのでこのまま別ラベルを付けています。

002
緑のサンゴ
3cmほどの極小さい苗です
名札にヘルバセア交配 ? となっていましたがノギ系の細葉の子供とは疑問が残ります、でもこのブツブツが良い感じです。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

巻衣絵巻

017
Haworthia bolusii (ボルシー)巻衣絵巻
古くからあったレース系ハオの代表種、夏の加湿に注意。

001
オブツーサとの交配種ガメラ
透明窓が良い、丈夫で子吹き良く繁殖容易。

018
ボルシー変種プリングレイ ?
昨日紹介したクーペリーのイザベラみたいです
もっと透明窓になるはずなんですがね

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月14日 (日)

クーペリーの交配種達

006
クーペリー
変化に富んだ種類ですが、基本種はコノタイプでは。

005
クーペリー オラソニー
透明窓の綺麗なオラソニーの交配種。

007
クーペリー ビリディス
黄緑葉の種類、小型種のようです。

008
クーペリー イザベラ
ベネスタとの交配種に「白うさぎ」がある。

009
クーペリー グラキリス
変化種どうしの交配種ですからね。
レイトニーのように
もっと紅葉すれば良いんですけどね。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

チョコレート

バレンタインデーにちなんで今日はハオルチアのチョコレートをどうぞ

001
チョコレート
マジョール×コエルマニオールムの交配種

002
肌色がチョコレート色?から付いた名称のようです
半硬質系のハオです
この株秋に植替えして未発根のため縮んでいます。

004
適度に水を吸ってふくらんだ状態のチョコレート
色はコエルから、ちょこっとのノギはマジョールから受けつているようです。
仔吹きが良いんですが、成長は遅いようです。

〈余談〉最近のバレンタインの贈り物にバンツがそれもカラフルなボクサーパンツが人気らしい。トランクス派の吾輩にはどうもね・・・・・、やはり義理でもチョコがほしい・・・・。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

茜の塔錦 ?

同郷のプチ業者の「万葉花園」さんの繁殖用大鉢の枝変わりとして出てきたんだそうです普段より心安くお付き合いの間柄、枝先を数本カットして頂いたのがこれ↓。

004_2
「曙の塔」???
枝先が全体に色変わりしている、若い葉はピンク色になっていた。

002_2
その中から葉先がピンクの全斑らしいのが出てきた
続きが有ります

続きを読む "茜の塔錦 ?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

緑亀の卵

Sedum hernandezii 「緑亀の卵」

002
信州に買い出し旅行の際「錦玉園」で購入の子孫です。

003
連れ合いが好きな多肉
今回も、何処からかカットしてきて5鉢に挿し木。
葉挿しも可能ですが成長遅いです。

004
卵型のプリプリの葉からの名称らしいが
実際の卵はやっぱり白色ですよね・・・まあいいか。

〈余談〉 亀の話ですが。奈良県の田舎にも昔はどろ亀が中心だったんですが、だんだんと緑亀が増えてきてるんです、見分けは、首の一部が赤いのがそうなんです。むかし夜店で買った緑亀を大きくなって川に放したせいでしょうか。日本古来の種類が外来種に侵略されてきているんですね。植物や昆虫ばかりではないようです。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

トリコデアデマ 紫晃星

Trichodiadema densum 和名「紫晃星」

春に桃紫色の美花を群開する、極めて
強健種、寒さにも暑さにもビクともしません。

015
葉先に柔らかい刺があるんです。サボテンの刺座とは
また違います。

016
こんもりと繁茂した古株の紫晃星

今年植え替が必要な株、側枝を外して根部を出して植えて
みよう。この種類、年々根部が太るんです。

下の種類のように成らないかな~。

017
トリコデアデマ SP 短葉ダルマタイプ

秋に少し根部を出して植えて見ました、盆栽みたいでしょう。

018
実生の紫晃星

かってに結実した種を一昨年に蒔いてみました。
枝挿しの株とは別種みたい、他のトリコと交雑したかも ?。

実生苗の方が根部が形良く形成する、しばらくこのままに
肥培してから、根あげ植えにしょう~と・・・・・・。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

メセンの開花

寒風にも負けず健気に咲いているメセンを

004
Giottiphyllum longum 「碧翼(ヘキスイ)」 ?
地べたにへばり付くように横に広がる、厚葉は紫色を帯びる。

005
Rabiea albipuncta ラビエア アルビプンクタ 「静波(シズナミ)」
三角錐状の葉を重ねる、これから次々と黄色花を咲かせる。

007
Schwantesia loeschiana シュワンテシア ロエスチアナ ?
トリブネリーかも解りません。この種類花はまばらに年中
咲いているようです、葉が折れやすいので扱いに注意。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

この時期のセンペル・・・(2)

昨日に続いて丸まったセンペルビュウムをどうぞ

001
ガゼル
巻絹よりかなり大きくなる良種、この時期綿毛の出かたは少ない。

003
キシデゲリー A
外葉が枯れてロゼットが丸まっている。

005
フランクレイネルト
こちらも外葉が枯れて丸まっている、葉の裏はこんなようになっているんです。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

この時期のセンペル

アルプス出身のセンペルはさすがに寒さに強いです、
-15度の温度に耐えるらしい。
この時期は丸く縮こまっています、でも品種の特徴が
よく出ます、色はみんな紫色になっていますが・・・・・。

002
姫牡丹・・・葉数の多いロゼット形良く群生する3,5号鉢

001
K,RED・・・丸まっている、葉に毛が生えているんです 3号鉢。

003
シャンハイローズ・・・コノタイプはみんな同じような色・姿 で
見分けがつきにくいです。3号鉢

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

徳利蘭

学名Beaucarnea recurvata (ボウカルネア レクルバータ)
和名「徳利蘭」外国では「ポニーテール」
メキシコ産ノリナ科、実生15年程で開花するらしい。

005
我が家には根径20cm超の古株が居るんですが管理が
悪く未だ開花していません。
この株は、ホムセンのミニ観葉売り場で2株植えを購入した片割れです。

004
上とは別のひと回り小さい「徳利蘭」 3.5号鉢植え
この株中心の葉が紅葉している。
これも、ホムセン売り場のミニ観葉の片割れです。

おなじノリナ科のカリバナス 「フーケリー」も丈夫な強健種です。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

コノフィツム大槍の結実

004
コノフィツム大槍の種
他のコノフィツムとの交配による、今年も蒔く予定です。

002
大槍
足袋型と言うより鋏型です、コノフィツム属の中では1番の大型種。

去年の自家産種子の播種苗は下のようになりました。

005
大槍1年生 happy01 happy01
昨年9月蒔いたもの、夏越しは果たしてどれだけ残ってくれるでしょうか ? 。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

無比玉

Gibbaeumm dispar (ギバエウム ディスパー) 和名 無比玉

001_2無比玉・・・南アフリカ産の半球形メセン、左右の対生葉がいびつに付き形良く
群生する強健種。  3~3.5号鉢植え

002

003_2 真中と左端の株、いずれも屋外の棚上で寒風吹きすさむ中花を咲かせました。
ギバエウムには球形の銀光玉・・・銀緑色の肌で桃白色の花が春に開く仲間もある。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

ハオルチア秋天星

硬葉系Haworthia minima ‘Shuutenn-sei’

005
秋天星・・・・・ミニマの優良種についた名称
白点が白く密に付く、幾分葉巾も平たく広く大型になる。

014
ミニマ・・・白点の付きかたは良いんですが
小型で秋天星は名乗らせません。

015
ミニマ
実生のミニマ、小型で良く仔吹きする
オーソドックスなタイプです。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

象牙の塔

五重の塔の黄色斑入り種

001
ハオルチア象牙の塔
深緑色に白黄色の斑はよく映えて綺麗です、斑が変わりやすい
ので良斑の掻き仔をこまめに更新挿しすること。

002
ハオルチア幻の塔
五重の塔の白斑種、縞斑は安定している。後ろのは九輪塔黄斑。

011
象牙の塔・・・寒さで紅葉している。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ